【時間がないとお悩みの方へ】アサヒゼロはノンアルコールビールの新定番になるか

健康志向の高まりを受け、近年ノンアルコールビールの人気が高まってきています。

そのような中、2024年4月9日アサヒビールから発売されたのが「アサヒゼロ」。

ビールの味わいをほぼそのままに再現しつつ、アルコールをゼロにした新しいタイプのノンアルコールビールです。

実際に飲んでみた感想をご紹介します。

created by Rinker
アサヒ
¥1,150 (2024/05/29 11:21:33時点 Amazon調べ-詳細)
目次

アサヒゼロの特徴

ノンアルコールビールの革命

これまでのノンアルコールビールは、本格的なビールの味わいからは遠いものでした。

しかし、アサヒゼロはビールの味わいを忠実に再現しつつ、アルコールを完全に除去することに成功した画期的な商品です。

『アサヒ ゼロ』は、一度ビールを醸造した後にアルコール分を取り除く「脱アルコール製法」により、アルコール分0.00%でありながら本格的なビールらしい味わいと飲みごたえを楽しめるノンアルコールビールテイスト飲料です。当社の主力ビールと比較して約2倍濃厚なビールから、2回の脱アルコール工程でアルコール分を完全に取り除く“ブリューゼロ製法”を採用することで、ビールらしい“革新的なうまさ”をアルコール分0.00%で実現しました。

脱アルコール製法によりアルコール分0.00%で“本格的なビールらしい味わい”を実現

2倍濃厚なビールから2回取り除くと元のビールの味になるということですね。

時間が有効活用できる。仕事も運転もOK

アルコールが含まれていないため、仕事中や運転中でも気兼ねなく飲めるのが大きな魅力。

飲酒運転のリスクがなく、お酒を控えたい場合でも、ビールの味わいを楽しめます。

アルコールを医者に止められている人でも飲める

アルコール度数が0%なので、健康上の理由でアルコールの摂取を控えている人でも安心して飲めるタイプのノンアルコールビールです。

ビールが好きだけど、医者に止められている人でも気兼ねなく飲めるのが、この商品の良いところです。

実家のお父さんに進めてみます。

実際に飲んでみた感想

良いところ

「これは、ビールだ!」と思うほど濃厚な味。ノンアルコールがここまでビールに近づいたかと驚愕です。

パッケージもビールに似せたパッケージになっているので、「ビール」を飲んでいる気持ちになれます。

ビールが好きだけどあまり酔いたくない時に、途中からアサヒゼロを飲めば、飲んでいる気持ちを味わいつつも酔いすぎない飲み方ができそうです。

created by Rinker
アサヒ
¥1,150 (2024/05/29 11:21:33時点 Amazon調べ-詳細)

悪いところ

味が濃いところ。ビールの味に近づけるために2倍の濃さにしてから、その半分にするという方法がとられています。そのため、味が濃い。

何が悪いのか?というと、これから夏に向かうので「濃い」ノンアルコールビールよりも「すっきりした」ノンアルコールビールが飲みたい。

11月や12月などの冬に飲みたいノンアルコールです。

だから冬に向かう2023年10月24日から近畿エリア先行発売されたのだと思いました。

冬はアサヒゼロ、夏はアサヒ ドライゼロという使い分けになりそうです。

飲み慣れると感想が変わると思うので、また報告します。

他の方の感想

1人目 美味しかった

☆5 ビールに近い味でした。

Amazon

2人目 美味いけど高い

☆5 味は最高です!でももうちょっと価格抑えられない?!カロリーもZEROじゃない!暫くはドライゼロかな。

Amazon

3人目 うまい

☆4 そもそも注いだときの匂いがノンアルビール特有のへんな匂いがしない。あの匂いは飲んだあとも鼻に抜けるが、それがない。
味もまろやかアサヒの生ビールみたい。ホップの苦味をもっときかせてキレがほしいが今のところこれが日本のノンアルビールNO.1だろう。ちょっと高いけど。

Amazon

まとめ

ビール好きな人ほど、一度は飲んでほしいノンアルコールビールです。

created by Rinker
アサヒ
¥1,150 (2024/05/29 11:21:33時点 Amazon調べ-詳細)

追伸

「時間が足りない」と悩んでいる方には、ノンアルコールビールがおすすめです。

アルコールと違って酔わないので、使える時間が100倍になりますよ。

資格試験の勉強をしているけど、飲みたい!と思った時に。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役ITエンジニア。ITパスポート、情報処理技術者(高度)6区分に合格。"勉強が苦手な人が「分からない」から「分かる」へ"をテーマに発信しています。

目次