【ITパスポート】点数のレベル目安を100点ごとに9段階で徹底解説!

「ITパスポートにやっと合格できたー!」

「また不合格だった(´;ω;`)」

と、ついつい合格・不合格で一喜一憂してしまいますよね。

ただ、合格・不合格は重要に見えますが、実は点数の方がより重要です。

というのも、点数によって次にやることが変わってくるから。

例えば、300点で不合格になった人と、500点で不合格になった人の次にやることは、本当は違うのです。

この記事を読めば、もう合格までの勉強方法で迷うことはありません。

目次

ITパスポートの点数に関する基本情報

ITパスポートは1000点満点の試験です。一方で、最低点数が0点です。

またITパスポートでは得点は5点単位で変わります。

例えば、595点、600点、605点のような点数がつきます。

反対に、599点や601点といった点数は存在しません。

※この記事で説明する点数は、分野別評価点ではなく、総合評価点です。

ITパスポートの点数の点数別レベル

ITパスポートの点数別のレベルを9段階に分けて紹介します。

〜295点
300〜395点
400〜495点
500〜595点
600〜695点
700〜795点
800〜895点
900〜995点
1000点

295点以下の点数は、100点ごとに区切っていません。

ITパスポートは4択式なので、適当にマークしても4分の1である約250点は取得できてしまうからです。

それぞれ詳しく見ていきます。

~295点

この点数は全体の約1.0%(181名/18,325名)の方が該当します。

ITパスポートは選択肢4つの中から正解を選ぶ試験です。

満点が1000点なので、とりあえずマークさえしておけば、250点程度は取れてしまいます。

よって、295点以下の方は、自力で解ける問題はほとんどないと言っても過言ではありません。

ただ、伸びしろは十分にありますので、正しい勉強をしたらすぐに点数を100点、200点とアップさせることが可能です。

やってはいけないこと

「ITパスポート過去問道場」をやること

なぜなら、基礎的な単語、キーワードが理解できていないうちに、ITパスポート過去問道場をやると、問題文や回答を読むだけでも一苦労で、挫折するからです。

もっと点数がとれるようになったら、「ITパスポート過去問道場」にチャレンジしましょう。

計算問題や擬似言語

というのも、習得するのに時間がかかるから。

得意だったり、好きだったりする以外は、この段階では勉強するのをやめましょう。

やるべきこと

漫画で学習する

漫画でITパスポートの用語を覚えましょう。

なぜなら、参考書で勉強するよりも楽しいので、漫画の方がスッと頭に入ってきやすいから。

ストーリーとともに用語が覚えられるので、おすすめです。

ITパスポートに役立つ漫画は、佐々木蔵之介主演でドラマ化もされた「マイホームヒーロー」。

ところどころにITパスポートに出題される用語が、出てきます。

created by Rinker
¥18,293 (2024/07/25 05:52:55時点 楽天市場調べ-詳細)

レビュー記事はこちら↓

参考書を購入して、最初から最後まで1回読む

どんな内容が出題されるのかを確認しながら、単語やキーワードを頭になじませます。

わからないところがあっても、先にすすめましょう。

その際の注意点は、無理に覚えよう・理解しようとしないことです

というのも、無理に覚えようとすると、苦しくなって「勉強がイヤだ」という状態になってしまうので、良くありません。

覚えるコツは、「覚えよう」「暗記しよう」と思うことではなく、「触れる回数」を増やすことです。

なぜなら、触れる回数が多いほど無理なく覚えやすいから。

例えば、興味がないことでも、何回も見たり、聞いたりすることで、勝手に覚えていたという体験はありませんか。

単語に触れる回数を増やしましょう。

※おすすめの参考書はこちら↓

レビュー記事はこちら↓

生活にITパスポートを取り入れる

295点以下の方は、普段の生活の中で、ITパスポートの単語に触れる機会が圧倒的に少ないです。

そのままにしておくと、参考書を開いた時にしか、覚える機会がありません。

ですから、日常生活の中で、ITパスポートの単語に触れる機会を増やすことが、295点以下の方の課題です。

しかしながら、ITパスポートの単語に触れる機会を増やすことは難しいです。

ITパスポートの単語は何があるか?何をしたらよいか?…などなど、一人で決めるには負担が大きすぎます。

そこでオススメなのは、「ITパスポートの単語」をひたすら聞くこと。

おすすめの教材は、「ITパスポートラップで最速合格術「聴くだけ」でスルスル覚える頻出単語」です。

Youtubeなので誰でもアクセスできますし、何度聞いても無料です。

朗読とは違い、リズムがある音楽なので、覚えやすく眠くもなりません。

ITパスポートラップで最速合格術「聴くだけ」でスルスル覚える頻出単語」で、ITパスポートの単語に触れる機会を増やしましょう。

参考書との同時併用がオススメです。

レビュー記事はこちら↓

300〜395点

この点数は全体の約7.0%(1,267名/18,325名)の方が該当します。

完全な初心者は脱したものの、60%以上の問題を間違います。

その分、まだまだ点数を上げやすい得点範囲です。

やってはいけないこと

「ITパスポート過去問道場」をやること

まだITパスポート過去問道場には手をつけなくてよいです。

この段階では、参考書に掲載されている問題を解くことで、理解を深めていきましょう。

計算問題や擬似言語

得意だったり、好きだったりする以外は、この段階では勉強するのをやめましょう。

やるべきこと

参考書をもう一度最初から最後まで1回読む

~295点の時にと同じように読んでいきますが、特に

  • 参考書の「ここがポイント!」
  • 確認問題

を重点的に確認します。

なぜなら、それはITパスポートに出題される確率が高い箇所だから。

そこをしっかりと勉強しないわけにはいきません。

例えば、「ITパスポート最速合格術」の「ここがポイント!」は、「攻略MEMO」です。

また、確認問題は、「最速アウトプット○×問題」です。

「ここがポイント!」の内容を読んで分からないようであれば、その章の説明箇所を読みます。

さらに、確認問題を解いて、理解できないようであれば、その問題の解説に加え、その章の説明箇所を読みます。

生活にITパスポートを取り入れる

~295点の時にと同じように「ラップ!ITパスポート」で、ITパスポートの単語に触れ続けましょう。

また、ITパスポートに出てくるサービスや機器などに、触ってみましょう。

なぜなら、自然とラクに覚えられるから。

何より、参考書を嫌々ながら読み続けて、「勉強をやめたーい!」という状態は避けないといけません。

ときは

嫌いにならないことが重要です。

具体的なサービス・機器としては、

  • QRコード決済(PayPay、メルペイなど)
  • 暗号資産(ビットコイン、イーサリアムなど)
  • エスクロー決済(メルカリ、Yahoo!オークションなど)
  • Bluetoothイヤホン
  • 電子マネー(Suica, PASMOなど)
  • VPN ※Youtube Premiumを安く利用できる

などです。

無料でできるものがあるので、まずはそれから初めてみましょう。

400〜495点

この点数は全体の約15.2%(2,779名/18,325名)の方が該当します。

最初から比べるとITパスポートの単語もかなり理解してきています。

やってはいけないこと

計算問題や擬似言語

計算問題や疑似言語が好き!得意!という方以外は、やらなくて大丈夫です。

まだ、解ける問題の量が少ないですから、知っている単語を増やしましょう。

知っている単語を増やすことで、500点台にたどりつけます。

やるべきこと

「ITパスポート過去問道場」を始めましょう。

いよいよ、ITパスポート過去問道場を使って、過去問にチャレンジです。

最低3年分を解いて、解説を読んでください。

500〜595点

この点数は全体の約24.7%(4,526名/18,325名)の方が該当します。

500点台の点数をとれる人は、合格までもう少しです。

問題としても半分以上正しく回答できています。

ただ、ここで手を抜くと、500点台で連続して不合格になりかねないので注意が必要です。

なお、595点は残念ながら、不合格です。

600点で合格した人との実力差はないだけに、非常にもったいないです。

595点で落ちてしまったら、リフレッシュしましょう。

というのも、「なんで落ちたんだろう」と頭の中でグルグル悩んで時間を無駄にしてしまうから。次の試験に向けて、しっかり休んで英気を養うのが大事です。

しかし、ITパスポートから完全に離れるのも良くないです。なぜなら、せっかく覚えた単語を忘れてしまうから。

マイホームヒーローITおじさんのようなITパスポートに関連した漫画がおすすめです。

やってはいけないこと

「ITパスポート過去問道場」で問題をむやみやたらに解くこと

問題文や回答をしっかりと理解していれば問題ないのですが、問題を手当たり次第に解くのはやめましょう。

なぜなら、問題をたくさん解いたことで、勉強した気になってしまうから。

例えば、

  • 問題文と答えだけを暗記してしまう
  • 間違えた原因を確認しない
  • 正解以外の選択肢を知ろうとしない

ということが発生してしまいます。

だからこそ、「ITパスポート過去問道場」で問題をむやみやたらに解くことは、やめましょう。

やるべきこと

「ITパスポート過去問道場」を利用した<質>と<量>の確保

<質>

1つ1つの問題に向き合う時間をとりましょう。

正解しても、正解以外の選択肢はどのような意味の単語か確認しましょう。

不正解だったら、間違えた原因を確認し、同じ間違いを犯さないようにしましょう。

さらに、参考書でどのように説明されているかを見て、理解を深めましょう。

<量>

最新年度を含め最低5年分解きましょう。

なぜなら、ITパスポートは1600語程度が出題対象となっていますから、量をこなすことが大切です。

過去問題を解くことで、知っている単語を増やすことができます。

この点数まで来ている方は、量をこなすことで、点数UPできますよ。

擬似言語と計算問題に取り組む

なぜなら、理解できれば得点源になるから。

~495点までは知っている単語を増やすことで、点数UPを狙っていました。

それに加えて、擬似言語と計算問題をやることで確実に点数UPできますよ。

600〜695点

600点を超えて入れば、合格です。おめでとうございます。

この点数は全体の約32.6%(5,976名/18,325名)の方が該当します。

今後、仕事などでわからない単語やキーワードが出てきたとしても、独力で調べられる能力を持っていると思います。

IPAが要求する水準がこのレベルです。

700〜795点

この点数は全体の約15.9%(2,907名/18,325名)の方が該当します。

再度、ITパスポートを受験したとしても、不合格になることはほとんどないでしょう。

800〜895点

この点数は全体の約3.5%(633名/18,325名)の方が該当します。

この点数を取得することは、難しくなってきます。

というのも、苦手分野なく全体をマスターしている必要があるから。

計算問題や擬似言語の問題も含めて、一通り解けるレベルまで持っていく必要があります。

中小企業診断士の松原 敬二さんは、「ITパスポートは1000点満点の600点で合格になりますが、同じ合格でも800点なら相応の実力が必要ですし、900点を超えようとすると難しい」とおっしゃっています。
引用:X(Twitter)

このレベルの取得をしていれば、基本情報技術者、応用情報技術者、中小企業診断士の勉強にスムーズに入っていけると思います。

800点越えの方

  • さくらインターネット株式会社 田中邦裕社長
    総合870点(ストラテジ系715点,マネジメント系860点,テクノロジ系940点)
    引用:X(Twitter)

900〜995点

この点数は全体の約0.3%(56名/18,325名)の方が該当します。

全体の約0.3%と数字が示しているように、この点数で合格することは、難しいです。

この点数をとるためには、ITパスポートの参考書と過去問道場をやるだけでは、難しいと感じます。

というのも、ITパスポートの出題範囲は、広範囲なので、参考書ではすべての単語を網羅していない(できない)からです。

情報処理技術者試験の講師である瀬戸美月先生も、「800点,900点あたりを狙うなら,参考書だけでは足りません。」とおっしゃっています。
引用:ITパスポートのおすすめ参考書

やはり、ITパスポートの参考書と過去問道場だけでは厳しいのが現実です。

では、どうしたら900点を超えられるのでしょうか。

私が考えるに、

  • 応用情報技術者試験に合格する(同等スキルがある)
  • 中小企業診断士に合格する(同等スキルがある)
  • 仕事で、iTパスポートの単語に頻繁に触れる機会がある

のどれかが必要と思います。

900点越えの方

  • 株式会社わくわくスタディワールド 瀬戸美月先生
    総合935点(ストラテジ系890点,マネジメント系1,000点,テクノロジ系1,000点)
    引用:ITパスポートのおすすめ参考書
    ※2013年の情報なので、いまでは満点合格されているかもしれません。
  • 株式会社ボールド 平井 桃果さん
    総合990点(ストラテジ系1000点,マネジメント系1,000点,テクノロジ系950点)
    引用:ITパスポート990点で合格した私が実践した勉強方法
  • 株式会社エムズネット 三好康之先生
    総合950点
    引用:保有資格

1000点

この点数は全体の約0.005%※2009年春の方が該当します。

取得するのが非常に難しい点数です。

1000点の方

まとめ

ITパスポートの点数のレベルについて、100点ごとに区切って紹介しました。

是非、この記事を参考にして合格を目指してください。

最後に、この記事で紹介した参考書を記載しておきます。

参考情報

この記事で利用した点数の分布は、2023年11月時点の情報を利用しています。

最新の情報は、ITパスポート試験 – 公開情報 – 統計情報 – 評価点分布をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役ITエンジニア。ITパスポート、情報処理技術者(高度)6区分に合格。"勉強が苦手な人が「分からない」から「分かる」へ"をテーマに発信しています。

目次