新NISAよりもカンタンに投資を始める方法とは?【投資の超初心者にオススメ】

みなさんは新NISAで投資を始めていますか。

新NISAを知らない方のために補足すると、株式や投資信託の配当金、値上がりで得られた売却益が非課税になる国の制度のことをNISA(ニーサ)と言います。

NISAは2014年からある制度ですが、2024年に投資枠が拡大されるなど見直しがあったため、新NISAと呼ばれています。

ネットを開くと新NISAに関する情報は簡単に見つかりますが、始める前に手間がかかるのもたしか。

  1. 証券会社を選択する
  2. 口座開設の申込みをする
  3. 購入する投資商品を決める
  4. 購入資金を用意する
  5. 注文をする

最低これだけのステップを踏む必要があります。

開設する途中で、面倒臭くなってやめてしまった人もいるかもしれません。

でも面倒くさがりな人でも、もっと簡単に投資を始める方法があるのです。

誰でもというわけには行きませんが、条件にあう方はオススメです。

※新NISAを始めていない方に↓

created by Rinker
¥869 (2024/06/18 11:27:37時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

結論:持ち株会を始める

さっそく結論ですが、持ち株会がおすすめです。

持ち株会を一言で説明すると、みなさんが勤めている会社の株をお得に買う方法です。

ここからは

  • 持ち株会の何が良いか?
  • 持ち株会の落とし穴。これだけは避けろ!

をご説明します。

持ち株会の何がよいか?

手続きが超カンタン

持ち株会は始めるのが超カンタンです。

会社の指定用紙に必要事項を書いて、申し込むだけ。

頭をちょっとだけ使うのは毎月いくら投資するか?と、ボーナスの時いくら投資するか?

この2つです。

この金額は後から変更できるので、毎月1000円、ボーナス5000円のような少額から開始するのがオススメ。

というの投資に慣れる意味もあるので、あまり大きな金額から初めてしまうと上手にいかないときに、不安になったり心配になってしまうことがあるから。

昼食1回分や飲み会1回分ぐらいの少額から始めると良いでしょう。

奨励金が出る

株を購入した金額に応じて、会社から奨励金が出ます。

会社から見ると、会社の株を買ってくれてありがとう!ということですね。

奨励金の割合は5%だったり、7.5%だったりと様々。

5%の会社で1000円投資すれば50円の奨励金、7.5%の会社で1000円投資では75円の奨励金が支給されます。

え?少ない!

50円とか75円とかペットボトルも買えないような金額をもらっても意味ない。

と思うなかれ。

投資の世界では5%や7.5%の利益を出すのは意外と大変。

年5%や7.5%の利益を継続して出すことは、機関投資家と呼ばれるプロでも困難です。

利益が最初から出ているような形で、超お得に購入できるのが持ち株会の魅力なのです。

手間やストレスが少ない

持ち株会は給与やボーナスからの天引きで、投資がされます。

そのため、

  • 新NISAのように「残った金から投資する」という手間がかからない。
  • 天引きなので使ってしまわず、確実に投資ができる。
  • 毎月同じ金額を投資できるので、目標額への道筋が立てやすくなる。
  • 手元にお金が来ないので、使いたくなるという心理的な誘惑に駆られにくい。

メリットがあります。

持ち株会の落とし穴。これだけは避けろ!

メリットが多い持ち株会ですが、落とし穴もあります。

落とし穴を知らないと、ショックを受けることに。

持ち株会に200万はダメ

(続く)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役ITエンジニア。ITパスポート、情報処理技術者(高度)6区分に合格。"勉強が苦手な人が「分からない」から「分かる」へ"をテーマに発信しています。

目次